三度の飯より間取り好き

ずしお
どうも、ずしおです!
みなさん、コロナおつかれさまです・・
自粛によって、スローライフな家を作ろうと考えている人が増えたような気がしています。
自宅が最高!と思えるような家、つくりましょう!

業者選定

住友林業の「紹介制度」で値引きを受ける方法

投稿日:2018/09/20 更新日:

メモ

誠に申し訳ありません!

紹介依頼をお受けするのは、いったん取りやめとさせていただいております。

本記事は、紹介に関する情報を確認する目的でご覧ください

ずしお
間取りのチラシを見て日々妄想してます。

 

展示場や建売のチラシが入っていると、ついつい見入ってしまうんですよね・・。

このブログを見てくださっている貴方も間取りを検討中だったりするんじゃないでしょうか??
楽しいですよね、この瞬間。
本当に幸せ。間取り眺めるの。

さて、本題に入りますが、タイトルに書いているとおり住友林業には紹介制度というのがあります。

もし住友林業が候補で、まだ展示場に行ったりパンフレットを取り寄せたりしていない方はいませんでしょうか。
そんな方は大チャンスです。

紹介制度を使うとけっこうな値引きを受けられるんです。
ご存知でしょうか??

ご存知ではない方のために、紹介してみたいと思います。

そもそも私が住友林業をお薦めする理由

まぁまぁ低かった竣工時の評価

急に私の話になってスミマセン。

私には「設計事務所×地元工務店」で素敵な狭小住宅を建てるという夢がありました。
子供の頃の話ですけど・・。

しかし、家庭を持って、いざ家を建てるとなると諸事情あってハウスメーカーで建てることになりました。

その当時は「設計事務所で素敵な狭小住宅」という夢とのギャップも感じていたと思います。
ぶっちゃけて言えば、ちょっとネガティブな気持ちを持っていました。
ちょっとね。

▼例えばハウスメーカーについてこんな風に思っていました。

次建てるならもう大手ハウスメーカーにはしないと思った理由(ハウスメーカー編)

おことわり 誤解を招かないように、まず最初に言っておかないといけないんですが、これからお話しする内容は、大手ハウスメーカーを否定したいつもりで書くわけでは決してありません。。。 単純に自分として「改め ...

続きを見る

さらに、正直言うと住友林業とのトラブルもチラホラありまして・・・。

▼ふりかえるとこんなことがありました。

次建てるならもう大手ハウスメーカーにはしないと思った理由(住友林業編)

どうも、ずしおです(^o^)ノ ハウスメーカー編の続きです。 <住友林業にした失敗> 住友林業にして感じたデメリットを5つ書いてみます。これから書く内容は、一長一短あるものなので、人によってはメリット ...

続きを見る

そんなこんながありまして、竣工当時は「住友林業イマイチかなぁ・・・」って思っていました。
(スミマセン・・)

当時は、その後、印象がどんどん好転していくことは露知らず・・。

グイグイ上がる住み始めてからの評価

まぁ、施工中は色々とトラブルがありました。正直。
しかし、最終的に竣工するまでには1つずつ解決していくことができました。

何よりも振り返って思うのは、困ったことを伝えると最終的には解決してくれるバックアップ体制が整っているということです。

小さい工務店とかだと失敗したときや困ったときに、それを解決する手段がなく失敗したまま終わる可能性があるんですよね。
もう泣き寝入りするしかないわけです。

そういうリスクを回避して「安心を買う」という意味では、やはり大手ハウスメーカーで建てる意味は十分にあります。

そんなわけで、実際に注文住宅のシェアが大手ハウスメーカーばかりなのはそういう理由で選ばれているのだろうなぁ、と思います。

▼住友林業のよさをめっちゃまとめてます。

住友林業にしてよかったこと 総まとめ

どうも、ずしおです(^o^)ノ 住友林業についてはネットの評判でいろいろ書いてありますが、個人的に感じたよかったこともたくさんありますので大公開です。 全般的なことについて □打合せしに行きやすい 展 ...

続きを見る

 

住友林業の紹介制度で受けられる値引きはこんなに大きい!

さて、話しを戻しますね。

住友林業の紹介制度とは、住友林業で建てた人が、知り合いを紹介するとお互いに良いことが起きる制度です。

紹介した人が謝礼をもらえて、紹介を受けた人が値引きを受けられるわけですね。

色々調べてみたら結構こんな話がありました。

▼例1

⇒具体的な額には触れていませんが「けっこうな額」というのが惹かれます。

▼例2

⇒「割引率とかすごい変わります」とのこと!
やっぱり実際に値引きあるんですね・・。

▼例3

⇒そして出ました具体的な数字!「10%」の値引きとか、頭おかしいのかな?と思うレベルです。
そこまで期待していいのか・・・?

▼例4

⇒こちらは、提携会社での割引きの例みたいですが、やっぱり「3%」とかは少なくとも期待できるようです。

私からの紹介の例

過去に私が紹介した方も、「見積もり時にかなり頑張ってもらった」と言ってました。
紹介したことで金額面で少しでも力になれたことが嬉しいですが、何よりも住友林業の良さを共感してもらえたことが嬉しかったですね。

注意点

さて、このように値引きが得られることは確実なのですが、利用上の注意があります。

それは、住友林業と接触してしまっているとNGなんですね。

つまり、営業担当がついているとダメってことです。
展示場を見に行ったり、資料請求をしていたりするとダメっぽい。
ギリセーフ?ギリアウトかな??

紹介を受けよう

この紹介制度は、住友林業で建てた知り合いからの紹介が基本なのですが、知り合いがいない場合も当然あると思います。
私も当時そうでした。
紹介値引き、受けられませんでした・・・。

建物価格のほんの数%でも値引いてもらえたなら、家具のグレードをあげられたかもしれません。
今振り返ると悔やまれます。。。

そう、紹介してくれる人がいないとツラいんですよね。

しかし!
立場は変わりました。

私は住友林業で建ててますので、紹介する権利を持っています。
ということで、もし住友林業をご検討の方、ご相談いただければ力になれるかもしれません。

ずしお
「おっ!いいな」っと思った方、ちょっと落ち着きましょう。

紹介制度って、私が皆さんの連絡先をお聞かせいただいて、住友林業側へ教える必要があるわけです。

具体的に言いますと、私ずしおに「氏名」「住所」「電話番号」を教えていただく必要がある、ということです。
これって非常にセンシティブな情報なので、「ずしお大丈夫かよ・・」と不安に思いますよね。

というわけで・・・

ずしお
ご相談いただいた方には、私からの未公開情報も開示します!

双方納得できた上でご紹介できればと思っています。

ご紹介までの流れ

ステップ1:問い合わせフォームで連絡する

このブログの「問い合わせフォーム」からご連絡ください。

この時点では「住所」「氏名」「電話番号」などの個人情報は記載頂かなくても結構です。
(実際には初回から名乗って頂く場合の方が多いのですが)

ステップ2:メールでやりとり

お問い合わせ頂いた方とメールでやりとりさせて頂きます。

最初の返信の段階で、私の方から

①本名
②お世話になった支店名
③建物価格
④未公開の外観

などなど、こちら側のマル秘 未公開情報を記載させて頂きます。
(興味なかったらスミマセン!!出せるものがそんなモノしかなくて・・・)

紹介を受けるかどうか判断していただきたいと思います。

「ご要望」「悩み」「どうしたらよいか」「住友林業のぶっちゃけ話」「他社の話」「ずしおのプライベートな話」などなど質問があればなんでもしてみてください。

そして、最終的に「紹介を受けたい」と感じたら、「氏名」「住所」「電話番号」を教えて頂ければと思います。
(急ぐケースが多いようで、初回の連絡を頂く際に全て書いて頂くことの方が多いのですが)

ステップ3:住友林業へ紹介する。

私が住友林業へ紹介を入れます。

すると、近日中に住友林業から皆さまへご連絡が行きます。

 

ずしお
いかがでしょうか?
ずしお
雰囲気つかめましたか??

住友林業が本当にあなたの希望にあったパートナーになれるのか、資料請求、展示場見学、ショールーム見学、プラン相談などなどへ一歩踏み出してみてください!!

納得した家作りのために、遠慮は要りません!
ガチンコ勝負していきましょう!!!

 

メモ

誠に申し訳ありません!

紹介依頼をお受けするのは、いったん取りやめとさせていただいております。

本記事は、紹介に関する情報を確認する目的でご覧ください

さいごに

ずしお
最後に住宅ローンきつい話をさせてください!

どうも、ずしおです(^o^)ノ

wpid-20151128100114674.png

注文住宅を建てて、妻と子と毎日たのしく快適に過ごしています。

仕事に出かけるときには「頑張ろう!!」と気合いが入りますし、帰宅時には「幸せだな~」って思います。
本当に幸せですよ。

ただね・・・1点だけ悩んでいることがあります・・。

それは・・

住宅ローンがクソたっかい!!!

こと・・・。

・・・すみません、言葉が悪かったです。
住宅ローンで日々苦しんでおります、ハイ。。。。

失敗談、聞いてください・・・。

 

住宅住宅のハウスメーカーの選定方法

注文住宅を建てるときには、モデルハウスをいくつか見てまわってからハウスメーカーを決めるのが一般的ですよね。

しかし、自分が業者を選定するときにモデルハウスに立ち寄ったのは、ほぼ住友林業だけだったのです。
他には積水ハウスに少し寄ったくらいでした。
(積水ハウスもしっかりしたモデルハウスでした。お高い。)

しかし、1社しかい見ない方法はあまり良い方法とは言えなかったな、と思っています。
なぜなら、費用が適切かどうか判断できなかったからです。

結論を言ってしまうと、住友林業では土地を除いて4,000万円くらい払ったわけです・・・。

別に豪邸じゃないですよ。普通の1,2階あわせて38坪くらいのサイズです。
本当にフッツーです。CMとかに出ないタイプの。普通の。

そういうの、住友林業の世界では「しょぼりん」って言うらしいんですけどね。。

比較検討が望ましい

本当は、時間に余裕があれば、色んなハウスメーカーをまわることが望ましいです。

そして各社から間取り提案を受けたり見積もりをもらったりして比較検討することで適正価格が判断できます。

ただ、私の場合、当時どうしても買いたいと思っていた土地がありました。

その土地を取られないためには契約上ハウスメーカーをサッと決めて住宅ローンまで組んでしまう必要がありました。

時間がない方にもオススメできる方法

そのようなわけでだいぶ失敗しました。
あとから色々検討した結果から言えば、ローコストメーカーで建てれば1,000万円くらい安くできたことがわかったんです・・。

自分がこのブログを続けているのは、これから建てる方が失敗しないで満足の家を建てられるよう情報を提供することが目的の1つです。

そこで、時間がない方にもオススメできる業者選定方法をご紹介してみたいと思います。
(広告臭がしてすみません・・)

単刀直入に言うと、一括見積りを取る方法となります。

ただ、気をつけてください!
単純にそれをやってしまうと危ないんです!!!

提案を受けるどころか複数ハウスメーカーからの
「会ってください!!」
という猛烈アピールを多数受けて消耗してしまうのがよくある失敗例です。

今回は、そうならないように「賢く正しい使い方」を細かくご説明しますので、どうぞお付き合いください!!
絶対に損はさせません。

ここから先は紹介なので読まなくてもOKです!
また、「見積もりは自分で各社に問い合わせできるよ~」という方はそれでも大丈夫です!!

まず、使用する間取り提案サービスについて

今回使用します間取り提案サービスをご紹介します。

コチラ↓

「無料」で「間取りプランがもらえる」というサービスです。

ちなみに、このサービスの運営会社は紹介する各ハウスメーカーから料金をもらっているので、私たち施主からはお金を支払う必要はありません。

サービスの詳細はこんな感じです↓↓

なぜ、このようなことが可能になるのかと言うと、Webサイトに希望の条件を入力するからなのですが、そこに注意点があります!!!

以下、しっかり読んでください!!!

条件の入力について

①地域を選ぶ

まずは、提案できる業者をしぼるために、地域を選びます。ここは特に注意点はありません。

screenshot_2017-01-05-23-56-58

「家づくり計画書の作成依頼」をポチっとします。

②希望の間取りを入力

すると、続いて、間取りの条件を入力します。

screenshot_2017-01-05-23-58-23

しかし、
たったこれだけの情報で良い提案なんて書けるわけない
のです!!!

声を大にして言わせてください・・。

たったこれだけの情報で良い提案なんて書けるわけない
のです!!!

実際、このサービスの評判を調べると・・・

*間取りの提案が1社もなかった。

*打ち合わせしたいという電話が鬱陶しかった。

という悲惨な声を目にするのですが、それも事実だと思います。。
入力を簡単に済ませてしまうとそうなるのは当たり前です。

次が大事です!!

③自由入力に思いをぶつけること!!!

そうです、自由入力欄に希望を思いつく限り書きまくるのです!!
赤枠をみてみてください ↓↓

screenshot_2017-01-05-23-58-30

自分は、住友林業に間取り提案をしてもらうときに意見をまとめていました。

パワーポイントが何十枚になるほど「あぁしたい、こうしたい」というのを設計さんに伝えていました。

↓参考 zusiotei

それと似たようなことを、さきほどの赤枠内にミッチリと書きこんでください!

④さらに忘れてはいけない入力事項

さきほどの赤枠内には、絶対に記入しておいた方が良いことがあります。

それは・・・

「与えられた条件下での提案力を把握したいので、お電話頂く前に必ずメールもしくは郵送にて間取りのご提案をお願いいたします」

というような1文です!!!

とにかく、自由入力欄でしっかり書いておかないと
「まず打ち合わせを!!」
という前のめりな電話ばっかりかかってきてしまいます。

そうならないように、この1文のように
「まず間取り提案を!!」
とこちらからお願いしておくのがよいです。

正直なところハウスメーカー側からしてみると、間取りの提案を考えるのは手間ですよね。

「自社にしてもらえるかわからない段階で時間かけたくない」
というネガティブ思考が働きます。

そのため逆に先ほどの1文は、そういう業者を足切りするのに効果を表します。

さいごに

このようにすることで、自宅にいながらにして間取り提案をいくつも無料でもらうことができます。

madori

そして、もらった提案書を比較して、「ここなら検討してもいいかも」というハウスメーカーとしっかり打ち合わせをしていけばいいのですね。

おさらいですが、先ほどの1文をお忘れないようにお願いいたします。
間取り提案を受けてみることをお勧めします。

▼詳細はコチラから

人気記事

1

どうも、ずしおです(^o^)ノ 住友林業についてはネットの評判でいろいろ書いてありますが、個人的に感じたよかったこともたくさんありますので大公開です。 全般的なことについて □打合せしに行きやすい 展 ...

2

どうも、ずしおです。 我が家のメインの床材は、ライブナチュラルプレミアム(朝日ウッドテック)です。 ブラックチェリー色の。 (朝日ウッドテックさんから拝借) これは、無垢ではなく、挽き板です。(無垢部 ...

3

どうも、ずしおです(^o^)ノ これから家を建てる人には注意しておいてほしい「笠木」の話があります。 笠木とは 塀、手摺、腰壁、パラペットなどの頂部に施工する仕上材。 本来は架木(ほこぎ)と呼ばれるべ ...

4

2012年、我が家は住友林業で注文住宅を建てました。 あれから早いことでもう5年。 思い返せば仕事も家庭も色々ありました。 仕事では、ITの資格を取ったり、海外に何度か出張したりと、それなりに経験が増 ...

5

どうも、ずしおです(^o^)ノ 住友林業の外壁の標準仕様 住友林業のいわゆる標準仕様で選択できる外壁は「サイディング」か「吹付け」のどちらかになります。 高級感ある石でできた「タイル」の方は提案工事( ...

-業者選定

Copyright© ずしおの部屋 | 住友林業ブログ , 2021 All Rights Reserved.